鼻プロテーゼとは

医者

鼻のコンプレックスを解消

鼻は顔の真ん中にあるパーツということもあり、その人の印象を左右してしまうためコンプレックスに感じる人も少なくありません。特に日本人は「低い鼻」という人が多く西洋人のような、高い鼻に憧れて美容外科クリニックで隆鼻術を受けるケースが増えています。隆鼻術とは文字通り鼻を高くする美容整形で、銀座の美容外科クリニックでは「鼻プロテーゼ法」という施術法が多く行われています。鼻プロテーゼ法は医療用の人工軟骨を鼻に挿入して、高さを出したり鼻の形を整えたりするという隆鼻術です。銀座の美容外科クリニックで使用される人工軟骨の種類は、I字型というタイプがポピュラーとなっています。I字型はアルファベットの「I」の形をしている人工軟骨で、主に鼻背を高くする効果があると言われています。眉頭から鼻先までを結ぶ鼻筋部分が鼻背と言われている部分で、I字型は鼻筋を通すのに向いているのが特徴です。もし鼻先まで高くしたいという場合はI字型の人工軟骨にプラス、耳などから採取した自分の軟骨を入れる自家組織移植を併用するケースが多いようです。

鼻プロテーゼは鼻を高くする隆鼻術として代表的な施術法と言われており、多くの患者さんが施術を受けている実績の高く安全性にも優れています。ただし鼻プロテーゼはメスを使う美容整形ですので、術後に腫れや痛み、内出血といった症状の出るダウンタイム期間が長引く傾向にあるようです。個人差はありますが強い痛みや腫れといった症状が約1週間ほど続くと言われているので、鼻プロテーゼを受ける際はできるだけ、長めにお休みを取ると良いでしょう。できれば痛みや腫れが強く出る術後1週間はお休みを取りたい所ですが、もし1週間も休めないという場合は最低でも術後3日間は安静にできる期間を設けることをおすすめします。鼻プロテーゼは人工軟骨を鼻の穴の中を切開し挿入する施術を行うのですが、この人工軟骨が動かないよう術後に固定すると仕上がりが良くなると言われています。銀座の美容外科クリニックの中にはプルアウト固定といって、ギプスやテープで固定するアフターケアを行う所もあるようです。このようなアフターケアが充実している銀座の美容外科クリニックであれば、より美しい仕上がりを得られるでしょう。